表面波探査法

stop

kanouseiwo_01判定結果をFAXします

kanouseiwo_03

hyotitl

環境にやさしい地盤調査法のご紹介です。

地盤を気つけない非破壊検査で「地震波」を使います。 精度の高い解析で 杭・改良工事が減少し、大きな重機が動いて発生するCO2や土壌改良剤による 汚染も減少します。土中障害物を作らず地球に優しい調査法です。

表面波探査法が地盤調査を変える。

ご承知のように住宅を建てる時には、地盤の支える力(地耐力)を調べなければなりません。地盤の支える力が、住宅の重みを支えられないと不同沈下などの事故が生じることがあるからです。

(1) 起振器

kishinki1

人工的に振動を起こします。

(2) 検出器

kasokuki2

表面波の地中伝達速度を計測します。

(3) 計測 / 解析器

keisoku3

検出した数値を解析しグラフ化します。

go21

表面波探査法の他にはない特徴

敷地内では5箇所の測定を行います。

建物の予定位置の4隅および真ん中に測点を設け調査します。全面的な地盤状況を判断し、また、地盤内部の地層傾斜などを予測します。このことで、より安全で安価な基礎設計につながっていきます。

人の勘に頼らない正確な数値

表面波探査法は結果がすべて数値で得られます。調査員の経験や判断に加えて、個人差のない客観的なデータが得られます。

「点」ではなく「面」で測定します

測定するのは、検出器と検出器の間の範囲(通常50cmの円形の範囲)となります。礫や異物による部分的な情報ではなく、平均的な地盤情報を得ることが出来ます。

住宅基礎に掛かるコストの圧縮

点ではなく面での調査 住宅地盤調査として広く行われているスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)と表面波探査による地盤調査との大きな違いは、点ではなく面で調査していることにあります。

表面波探査式地盤調査方法

chichu2

地面をゆらして、その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 データの変化から、地層の境界を読み取り、各層に支持力がどのくらいあるのかを判断します。

SS試験

chichu1

先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかがわかります。

コストを大幅にカット

住宅をささえることができれば、改良工事は必要ありません。確かに地盤調査の費用はSS試験よりも表面波探査のほうが高いです。しかし、表面波探査はより詳しく段階的に地盤を判別することが出来るので、不必要な地盤改良工事がなくなります。このことでトータルコスト(地盤調査+工事費)を大幅に縮減することにつながります。

 
表面波探査
資料提供 (株)アキュラホーム 
比較項目 表面波探査 SS式試験 備  考
土質などの条件による汎用性 砂礫層などの場合、SS式試験の後、改めて表面波探査を行うことがある。
 調査の簡便さ どちらも機械式となっており現場での作業性はよい。
調査コスト 高い 安い 地盤工事会社がSS試験行っている場合は、低価格であることがある。
トータルコスト  
保証体制 SS試験はほとんどのの保証機関に適用している。表面波探査は財団法人住宅保証機構、地盤保証協会等。

社長紹介

syacho

山佳 永吉

  • 株式会社山豊工建:代表取締役社長
  • 株式会社夢のおてつだい:代表取締役社長
  • 日本サイディング協会:会長

>挨拶をみる

bnr_yamatoyo
bnr_yumetetsu
bnr_do_tyt
bnr_do_tykw
bnr_do_tyhs
bnr_do_cks-1
bnr_do_tkhm
bnr_do_ksgi
bnr_do_aizm
%e6%98%a5%e6%97%a5%e4%ba%95%e5%ae%ae%e7%94%ba%e5%ba%97
%e9%80%a2%e5%a6%bb%e5%ba%97
bnr_cocosumo
bnr_zero_cube
日本サイディング協会へのリンク
news_p_bn

関連企業へのリンク